各方面から注目を浴びている水素水ですが、その効果や生成器の特徴、伊藤園など大手メーカーから出ている製品など、現時点での状況をまとめてみました。

水素水 効果

水素水の効果として期待されているもっとも代表的なものは、病気の予防と老化の防止の2つです。

水素の強力な酸化還元力は、活性化酸素の活動を抑えるため、細胞が傷つくのを守ってくれる効果が期待されています。

水との一番の違いは、酸化させない、という点です。
水に鉄を入れるとさびますが、水素水の場合は鉄はさびにくいそうです。

酸化している細胞を戻す効果=若返り効果も期待できるかもしれませんね。

他には便のにおいが抑えられたとの報告もあります。

胃腸関係の様々な病気予防にも役立つのでは、と期待されています。

水素水生成器

水素水は実に色々な種類のものが売られるようになりましたが、同じように、蛇口に取り付ける生成器も増えて来ました。

ご承知のように、蛇口の形は各家庭によって様々なタイプがありますが、これらの生成器はどのタイプでも付けられるように工夫されているものがほとんどですのであまり心配はいらないでしょう。

水素水を料理に使う人も昨今は増えているようですが、料理に使うのであれば、なおさら、いつでも蛇口から出て来るようになっていてくれたらとても便利ですよね。

たとえば、浄水器で有名な日本トリムでも生成器を販売しています。
やや高めの価格であることは否めませんが、毎日継続して使用するものですであることを考えると、
長期目線では使い回しが効くほうが経済的ではないでしょうか。

他にも、直接蛇口に取り付けられるようになっているオクテの水素博士マグネシアは、アダプターも何と8種類用意されています。こちらは定期的なカートリッジの交換が必要ですが、頻度はおよそ3ヶ月に1度ぐらいなので、ほとんど面倒には感じないと思います。

水素水 伊藤園

伊藤園からも、2008年8月に水素水が発売されました。
そうです。あの、「おーい、お茶」で有名なあのメーカーです。

この製品は、同社の売れ筋ランキングでも上位に位置しているそうで、結構な需要の高さがあることがうかがえます。

伊藤園は長年の定着によって信頼を得てきたメーカーですから、そういう企業が出すがゆえの安心感は大きく影響しているのでしょう。

そもそも、水質自体は、体に浸透しやすい弱アルカリ性の軟水で、大変飲みやすい。
これが幅広い年齢層から支持を得ている一番の理由でしょうね。

これに加え、伊藤園の水素水はペットボトルではありません。
水素は、普通のペットボトルでは透過してしまうため、製造時には高濃度であったとしても、飲むときには抜けてしまっていて、濃度がほとんどゼロになっているというのがよくあるのです。
伊藤園ではこうしたことを起きにくくするためにアルミ缶が採用されています。

賞味期限は未開封で9ヶ月となっており、定期購入も可能です。